071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FTP コマンドを使用し、FTPサーバにデータを転送する。

FTPに関し、色々なサイトを見てまわりましたが、
細かくまとめているサイトは多いけど、私には難しすぎて...。
シンプルに、何をどうすればファイル転送まで体感できるのか。
本記事は FTP について初めて触る方々のお役にたてれば幸いです。
あくまで自宅LAN内でできる簡単な設定/作業ですが、実際にコマンドを
叩いて、任意のファイルをサーバーへ転送するという動作を体感するには
いいんじゃないかなと思い、記録に残しておきます。


【FTPサーバー 構築】【FTPサーバー 転送】
【FTP ファイル転送】【FTPサーバー フリーソフト】



先日こんなやりとりがありました。



先輩 「そのデータ、FTP でプットして。コマンドプロンプトからでもできるっしょ。」

 私  「...えっ?」


なんてことでしょう。できませんでした。
はい。すいません...orz



ここまでくると、恥ずかしい。
資格勉強より先にやることがあるような気がします。
ということで、自宅のパソコン間でデータのやりとりをしてみました。


【用意するもの】
パソコン 二台
FTP サーバー用フリーソフト (FileZilla Server)

【接続方法】

       ↑ 手抜きのように見えますが、本当にこれだけです ↑
                 IPアドレスは一例です。


【手順】

1. FileZilla の入手 ~ インストール
  わかりやすいサイトがありますので、>>こちら<< をご覧ください。
  今回はパソコンAからパソコンBへデータを送りますので、
  インストールするのは、パソコンBだけで問題ありません。
  上記リンク先のインストール完了まで実施していただければ大丈夫です。

2. Windows ファイアウォールの許可
  パソコンB側で許可してあげる必要があります。
  ※ 以下 WindowsXP の画面ですがご容赦を。












3. FileZilla 起動および設定。
  ログインするためのユーザー名とパスワード、またパソコンAから
  送られてきたデータを格納するフォルダを決めます。





パスワードも適当に「test」でいいです。




データの保管先はどこでも問題ないと思います。
私は一例として、Cドライブ直下の temp フォルダにしました。


ここまで一通り準備は完了です。


4. パソコンAからFTPコマンドにて、任意のファイルを転送。

パソコンAにて、コマンドプロンプトを起動。
ftp " パソコンBのIPアドレス " を入力し、Enter。
ユーザー,パスワードの順に入力を求められるので、先ほど
パソコンBのFileZillaで設定した情報を入力し、Enter。
※このタイミングで、ファイアウォールに関するメッセージで、この通信を
 許可する/しないの選択窓が出てくるかも?出てきたら許可してあげてください。



Looged on と出力されれば、とりあえずFTPサーバーへのログインは完了です。


いよいよデータを転送します。
put "送信したいファイルのディレクトリ " を入力し、Enter。


Transfer OK と出力されれば成功しているはずです。


一方、データ送信先であるパソコンBのFileZillaでは、なにやらごにょごにょ
ログが出力されています。パソコンAとのやりとりを出力しているのですが
まぁ細かいことは気にしなくていいでしょう(笑


5. 転送されているか確認。

先程指定したフォルダに、転送したファイルが保管されていれば作業完了です。



これでFTPサーバをたて、そこに向けてデータを転送できたわけですね。(LAN内だけの話ですが)
以上、お疲れ様でした。
【 2013/10/22 (Tue) 】 エンジニア1年目 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。