071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NATのトラブルシューティング。

先日、奈良旅行に行ってきました。奈良は修学旅行以来でしょうか。
楽しい旅行の写真はまた後日。今日はNATの仕上げです。(いつまでかかってるんだこのテーマ)

静的NATから動的、PATまで一通り設定できるようになりました。
今日はトラブルシューティングです。

細かい内容は眠いので割愛しますが、トラブルシューティング時にNATの設定を確認するコマンドって
どれを使えばいいのでしょうか。

show ip nat translations
show ip nat statistics
debug ip nat
show run

natが正常に動作していない場合はshow runしか使えないと思うのですが・・・。
CCENT試験ではshow runは封じられていることが多かったのですが、
NAT問題のときは使えるのでしょうかねぇ...

トラブルシューティングをクリアできると少しわかった気分になれます。
どのように設定されている必要があるか...ということがわからなければ解けませんからね。

明日からWANのカプセル化やchap認証について学びます。
NATについてはしばらく復習しなくてばダメです。数日で飛びそう
【 2010/08/23 (Mon) 】 CCNA (640-816J) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。