071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CCNP Tshoot 合格!

2015/2/20 追記
本記事は、旧試験時の内容となります。
以下に記載します内容は、新試験において役立つかわかりませぬ...。



更新が遅れてしまいましたが、5月頭に受験し、無事合格!
初めの選択問題を一問間違えてしまいました。おしい...。
試験時間も 50 分余り、余裕だった...。

合格点 790点
取得点 982



ネットワーク パフォーマンスの維持と監視 67%
マルチプロトコルネットワークとデバイスのトラブルシューティング 100%

この試験、特に語ることがありません。

試験の機器は、ping-t より色々設定が入っていますが、引っ掛け問題はありませんでした。
(問題以外のところで???というのはありましたが...)

明らかに問題である箇所がありますので、それを解消するよう回答すればOKです。
自分なりの切り分け方法を確立して、試験の形式に慣れることが重要かもしれません。
やっぱり ↓はやるべきです。

Cisco 公式サイトでデモ体験

上記リンク先で出題される問題が解けたら、おそらく大丈夫です。


----------------------------------
[追記] 問題の解き方

TSHOOT の出題形式は、一つの共通したトポロジに対し、複数の問いがある形。
解く順番は自由に選べ、また中断も可能。

つまり、 問題同士の config の比較が可能。

もっと言うと、正しい config が必ず別の問題に記載されている。

Web Server の直前、BGP のところまで正常に ping が飛ぶ問題を中心に

各問題ごとの機器の config を見比べていけば、あっさりと答えがわかってしまう..........。

迷ったらこの方法を試せば、必ず答えが見つかるはず!


-------------------------------------
2014/7/15 追記

【試験時のポイント】
以下4点になります。

1) 使用するコマンドはごく限られたものだけ。
2) 解法は機械的。スタートは client で ipconfig 。
3) わからなかったら、config を比較すればOK。
4) 恒例のバグ

==============================
1) 使用するコマンドはごく限られたものだけ。
2) スタートは client で ipconfig 。

基本的な切り分け手法には以下二通りがあり、
それぞれ流れを覚えておけば問題ない感じ。

- client 端末が IP address を取得できている場合
-> WebServer までにの経路上に存在する機器に対し
    ひたすら ping を実施。到達できない箇所を特定し
    関連する機器の設定を確認する。

- client 端末が IP address を取得できていない場合
-> 接続している L2SW や DHCP sever となっている L3SW までの
    経路の問題や機器の設定不備。

うろ覚えですが、

show run
show interface
show vlan
show vlan brief
show port-channel
show port-security
show standby
show ip route
show ip ospf
show ip ospf neighbor
show ip eigrp
show ip eigrp neighbors
show ip bgp
show ip bgp summary

ぐらいしか使わなかったような気が...

==============================
3) わからなかったら、config を比較すればOK。

本試験では、一つの topology に対し、複数の問題が出題されます。
その問題から解くかは自由に選択できるので、それぞれで"中断" も可能です。
それぞれで被疑箇所が異なり、ipconfig や ping の結果も異なります。
(問題Aでは機器Xに設定不備があるが、問題Bでは機器Xは正しく
設定されており、その先にいる機器Yに不備がある..等)

つまり.....

Client 端末から一番被疑箇所が離れている問題
(topology で言うなら R1 BGP まではOKの問題)

は、そこまでの経路や機器の設定に不備がないことになり、
正しい設定が確認できます。
よって、被疑箇所が R2,R3,R4 やそれ以前の問題と設定を
比較すると、その差異から答えがわかります。

※ ただ、あくまで中断してしまうので、
  コンソール画面上での比較などはできません。
  ある程度目星は付けられるようにしておく必要はあります。

==============================
4) 恒例のバグ

2つ回答に困るバグ,誤表記があります。
被疑機器を選んだはいいが、その後正しい選択肢が出てこない
という状況に直面します。

- イーサチャネルの番号が異なる。
- VLANアクセスマップの選択肢がでてこない。

これらは、"選択肢を正" として回答してください。
後者を例にしますと、

本来 被疑箇所は DSW1 なのに、正しい選択肢が出てこない。
なぜか DSW2 を選択して回答を進めると、正しい選択肢が表示される...。
たしかこんな感じです。

この場合は、DSW2 を選択し、"正しい選択肢" を回答するようにしてください。
これらの問題が配点に影響しているかは疑問ですが、
ひとまず私はそれで減点されませんでした。
スポンサーサイト
【 2014/05/07 (Wed) 】 CCNP (TSHOOT) | TB(0) | CM(0)

CCNP TSHOOT メモ。




いよいよ CCNP 最後の一つ、 TSHOOT の勉強開始です。


Cisco 公式サイトでデモ体験


やはり Switch,Route とは少し違った試験ですね。こっちのほうが面白そうです。
復習を兼ねた学習となりますので、少し気が軽いです...。
少々暗記には疲れていましたので。

月内合格目指して、がんばろ~ヾ(○´∀`○)ノ

【 2014/04/13 (Sun) 】 CCNP (TSHOOT) | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。