0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LPIC 102 取得!




正直ホッとした。塗り絵も明るい感じに仕上がった。

660点ということで、なんら危なげなく合格できた。
やっぱり "ネットワークの基礎" という得点源の存在が大きいですね。

101での教訓を活かし、少し勉強方法を変えました。
(変えたというよりやる気を出して覚えただけですが...。)




① LPIC イージス を読み、重要なところをノートにまとめる。
   一気にやるときついので、1単元ずつ。
  コマンドやディレクトリ構造などは、実機を使用して確認します。
  私の場合は、VMware Player + CentOS 6 でした。

② ↑でまとめた単元のping-t 問題を解く。↑でちゃんとやってれば、初見でも6割は解けます。
  わからなくなったら、ping-t の解説ではなく、ノートを見る。
  不足があれば、ping-t 以外のサイトもしくは本などで調べて、ノートにメモする。

③ コマ問を解いてみる。これは全然無理。
  解けなかった問題は、ノートにφ(`д´)メモメモ...

④ 基本①~③の繰り返し。ただ....
    1日目 単元1
    2日目 単元1+2
    3日目 単元1+2+3
  というように、可能な限り毎日復習する。
  このとき 復習はコマ問だけでもよいです。




勉強日数は 12日間。

私は基本書かないと覚えないので、書きまくりました。

本当はもっとスマートに勉強できるといいんですけどね・・・・・・・(´Д`)ハァ


LPIC 大変だったけど、102 は少し面白かった。 (101 はまったく面白くなかった)

どこかのタイミングで Lv2 (201,202) にもチャレンジしたいです。
スポンサーサイト
【 2015/04/06 (Mon) 】 LPIC-1 | TB(0) | CM(0)

LPIC 102 勉強ちぅ。



もうこんな風に、スゥーっと合格したいもんです。

もうちょっとスゥーっと感を出したかったのですが、まぁこれが現実です(´・ω・`)

しかし塗り絵は楽しいですね。ほんの数分で完成するし、正解/不正解もない。

自己満足して終わりなので、楽しい。


いや、決してこのスゥーっとに満足しているわけではないのですが。

とりえあず、完成しているよ(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
【 2015/03/22 (Sun) 】 LPIC-1 | TB(0) | CM(0)

LPIC 101 取得! 地獄を見た。




取得しようと決めてから早二年。

めんどくさそうだなコレ(´ε`;)ウーン…

と、後回しにしてから早二年。やっと 101 を受験しました...。

結局 1週間詰め込み式で勉強した為、非常につらかった....。

取得点は 550点 と合格スレスレ。

あまりにテストが印象的だったので、コメントを残しておこう。



・ ムズwwwwwww 舐めてましたスイマセン。
・ 問題文の日本語が意味わかりません。




人によって感じ方は異なりますが、Ping-t の解説部分を暗記していないと厳しいです。

あくまで以下は一例ですが、たとえば......





Q. bashシェルで実行したコマンドの履歴を表示するコマンドは次のうちどれか。

- bash-history
- bashhistory
- history
- bash
- history-bash



はい、勉強していない人でももしかしたら楽勝問題かもです。
答えは、 「 history 」 。


こんな問題余裕だから、一度解けばいいよ.......と思っていると、試験で苦しみます。





実際の問題はこんな感じで出るからです。






Q. ユーザが操作した記録が補完されているファイルはどれか。 (英語の直訳でもっとわかりにくいです)

- /.bash_history
- /.bashhistory
- /.history
- /.bash
- /.history_bash




この一例は、ちょっと簡単すぎますが、要するにこういうことです。
ここで考えてしまった方は、勉強方法を見直されたほうがよいでしょう。



Ping-t が金になったとかは、本当にどうでもよさそうです。
あんな簡単な問題は全体の 1/3 ぐらいしか出ません。



私も改めて教訓になったのですが、


なぜ そのコマンドが解なのか。
実際はどのように出力されるのか。
オプションを指定しなかったら、どうなるのか....etc




これらを意識して、とにかく暗記、そして理解したほうがよさそうです。
(この試験に限った話ではないですね....)


まぁ結局は、私の勉強不足なんですが(涙
今回ばかりは、運が良かったとしかいえません。




これから受験を控えている皆様、ご注意ください。。。。


【LPIC 難易度】 【LPIC 101 難易度】
【 2015/03/14 (Sat) 】 LPIC-1 | TB(0) | CM(2)

Linux実機環境。

結局 「VmwarePlayer」 ではうまく動かず...orz
Oracleの 「VM VirtualBox」 というソフトを使用し、CentOSを動かしています。

さて、とりあえず実機環境が整ったわけですが...。


|-`).。oO(全然わかんない・・・)


コマンドをスタスタ入力していくカッコイイ姿を想像していたのですが、
何を、どうやって、入力すればいいのか、サッパリ。そりゃそうですよね。

まずは深く考えず、テキストに出てきたコマンドを試しに打ってみて
その反応を確認するようにしています。
ただパッケージのインストールとか削除とか、そういった動作は
どうすればいいんだろうか・・・。パッケージってその辺に落ちてるのかな・・・。

諸事情で、今月は101試験のみの受験となりそうです。
それでも今月半ばには受験しないといけないから、ゆっくりはしていられない。
毎日コツコツ勉強していかなくては。

ファイトーヽ(`・ω・´)ノ

---------------------------
[追記]
結局 違う試験に浮気して受けなかった('A`)ヴァー
【 2012/11/05 (Mon) 】 LPIC-1 | TB(0) | CM(0)

VMwareをインスールしてみた。

自宅にあるセカンドパソコンには、インストールできた!
これでCentOSのisoファイルを読み込ませれば、Linux環境の完成でしょうか。

あー早く触ってみたい(^o^)
【 2012/10/28 (Sun) 】 LPIC-1 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。