071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ICND2取得!

リベンジ達成!(*゚∀゚)=3


リベンジを誓ってから丸2年。今回は3週間集中して勉強して、試験に臨んだ。
スコアを貼り付けておこう。

取得点 917点
合格点 825点

Configure, verify and troubleshoot a switch with VLANs and interswitch communications ........... 93%
Implement an IP addressing scheme and IP Services to meet network requirements in a medium ...... 89%
Configure,verify and troubleshoot basic router operation and routing on Cisco devices ........... 87%
Implement,verify and troubleshoot NAT and ACLs in a medium-size Enterprise branch office ........ 100%
Implement,verify WAN links ...................................................................... 67%

シミュレーション問題はわからず。15分経っても解けなかったので諦めました。
WANのセクションが低いのは、フレームリレー関連の問題を落としたからでしょうか?

とにかくこれで無事CCNAの資格を取ったことになります。
やっとネットワークエンジニアの門を叩けた...というところでしょうか。

これで好きにシミュレータをいじくる時間ができました。
試験勉強とは別のやり方で理解を深めていこうと思います。

これからも精進あるのみ(`・ω・´)
仕事が忙しくなっても、何とか自己啓発の時間は捻出したものです。
スポンサーサイト
【 2012/10/21 (Sun) 】 CCNA (640-816J) | TB(0) | CM(0)

何回目?資格勉強再開。

CCENT(ISND1)の受験から早二年半。早いものです....。
CCNA(ISCND2)を取るという目標を掲げていたにも関わらず、
結局は日々の業務に追われ、その目標を達成できず(´Д`;)ハァ

以前はまったく関係のない仕事だったから、資格取得より優先すべき作業があれば
そちらに力を注いでいたし、特にそれに関して気にもしなかった。
しかし今は、未経験だろうとネットワークエンジニアの仕事に就いた。
持っていないと「最低限のことすらわからん人」と思われてしまう環境がある。

ということで再度勉強中(*゚∀゚)=3

この資格を取得することで、やっと門を叩けるというくらい入門資格扱いされているし
ここでつまずいていたら、お話にならないみたい。

月内取得目指してがんばろう。

-------
同じような立場の人はいないかなぁ(´Д`)
未経験のネットワークエンジニアは、どうやって勉強していくんだろうか。
【 2012/10/11 (Thu) 】 CCNA (640-816J) | TB(0) | CM(0)

CCENT 640-816 (ICND2) 受験。

取得点:805点 不合格だー! (合格点825点)

試験中 勉強不足を感じてしまうほど、問題が難しく感じた。
前回のCCENT試験の時より、勉強に時間を割けかったというのもありますが・・・。(記事投稿数違いすぎ)

開始早々いきなりシミュレーション問題が出題され、相当戸惑った
また、全般的に問題を読んでも答えの察しが付かない/問題の傾向に慣れていなかったというのも大きい。
答えを出すのに時間がかかってしまい、最終問題を時間に追われる形で解答。これじゃ受からんか。

シミュレーションはNAT(PAT)。
出題傾向としてはスイッチネットワークのVLANやSTPを中心に、サブネット問題が散りばめられたような感じ。
聞いたことないような単語は出てこなかったが、即答できる問題が少なかった。

Network Visualizer 6.0をチクチク叩いているまで楽しかったんだけど
【試験勉強!】って感じで問題を解き始めてからは、楽しくなかった。

ネットワークという1つのテーマを、より身近にしたいという思いで勉強をしているが
試験勉強では限界があるのでしょうか。そもそも試験を受けているのは、異業種の勉強する上で
合格/不合格の結果が明確で、モチベーションをコントロールしやすいからであって
別の方法でネットワークとの距離を縮められるのであれば、そちらをしたい。


悔しい結果になりましたが、リベンジ予定です。
ただしばらくは試験のことを忘れたいヽ(`Д´)ノ

この試験結果も、また1つ私を変える何かであって欲しいと切に願う。

チクショーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!
【 2010/09/19 (Sun) 】 CCNA (640-816J) | TB(0) | CM(2)

テスト 1週間前。

久しぶりにメモメモ...

memo..

【OSPF】
・ エリア0 = バックボーンエリア

・ 複数のエリアで構成する場合、その中の1つは必ずエリア0にしなければいけない。

・ ネイバー関係とリンクステート関係とルーティング関係のテーブルを持つ。

・ 最適な経路を導き出す ダイクストラ法 SPFアルゴリズム。

・ 隣接関係を築く為には、HelloパケットとDeadパケットのインターバルが同じでないとダメ。

・ ループバックアドレスでルータIDを決めておくと、障害時(IFシャットダウン等)にDR/BDRが変わらず安定?

・ プロセス 1~65535

・ コスト計算 100M / 帯域幅(bps)

・ DR/BDRの選出は、ブロードキャストやノンブロードキャストマルチアクセスで発生。P2P接続ではなし。

・ DR/BDR選考基準の優先順位
  ① プライオリティ値 (ip ospf priority)
  ② router-idコマンドによるアドレス
  ③ ループバックアドレス
  ④ 物理インターフェースのアドレス

・ OSPFはTCP/IPのみで利用できる。

・ 使用するマルチキャストアドレス
  ① DR → Drother の場合 224.0.0.5
  ② Drother → DR の場合 224.0.0.6

・ プライオリティは0~255。0は絶対にDR/BDR選出されない。

・ アドミニストレーティブディスタンス 110

・ 新しくルータIDを設定した後は、機器リブートではなくclear ip ospf processでプロセスを再起動してあげる。

・ プロセスID,エリアID,ネットワークタイプ,DR/BDRなどを確認するコマンド show ip ospf interface

・ フィルタ構成,デフォルトディスタンス,最大パス,エリア番号などのパラメータ参照コマンド show ip protocols

・ プロトコル番号 89


【EIGRP】
・ メトリックは帯域幅と遅延。オプションで負荷と信頼性。

・ Helloパケットを受信することで隣接ルータを検出する。

・ アドミニストレーティブディスタンス 90

・ プロトコル番号 88

・ ロードバランジングあり。variance。


さぁ涼しいうちに勉強だー

※ チョコチョコ覗いてくれている方々 皆様のブログには時間改めお邪魔させていただきます(☆Д☆)
【 2010/09/12 (Sun) 】 CCNA (640-816J) | TB(0) | CM(0)

NATのトラブルシューティング。

先日、奈良旅行に行ってきました。奈良は修学旅行以来でしょうか。
楽しい旅行の写真はまた後日。今日はNATの仕上げです。(いつまでかかってるんだこのテーマ)

静的NATから動的、PATまで一通り設定できるようになりました。
今日はトラブルシューティングです。

細かい内容は眠いので割愛しますが、トラブルシューティング時にNATの設定を確認するコマンドって
どれを使えばいいのでしょうか。

show ip nat translations
show ip nat statistics
debug ip nat
show run

natが正常に動作していない場合はshow runしか使えないと思うのですが・・・。
CCENT試験ではshow runは封じられていることが多かったのですが、
NAT問題のときは使えるのでしょうかねぇ...

トラブルシューティングをクリアできると少しわかった気分になれます。
どのように設定されている必要があるか...ということがわからなければ解けませんからね。

明日からWANのカプセル化やchap認証について学びます。
NATについてはしばらく復習しなくてばダメです。数日で飛びそう
【 2010/08/23 (Mon) 】 CCNA (640-816J) | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。